ポジション

ダブルスのポジションについてでですが、ここでは特に前衛のポジションについて
紹介します。

 

1.サーバ側のパートナー(前衛)

 

サーバー側にいるパートナーは、レシーバー側のパートナーよりも
ネットに近い位置で構えておきます。これは、相手レシーブをポーチするため
より攻撃を意識したポジションで構えておきます。

 

 

ここで注意しておきたいのは、ポーチを意識するあまり、センターに寄りすぎると
相手レシーバーからは、ストレートが空いているように見えるため、ストレートに
打たれてしまいます。

 

 

また、相手のストレートを警戒するあまり、サイドにより過ぎると、ポーチをするという
本来の目的が全くと言って良いほど果たせなくなってしまいます。

 

 

あと、前後の位置については、ポーチを意識するあまり、ネットにべた詰めすると
相手レシーバーからのロブ攻撃で頭上を抜かれてしまいます。

 

なので、ポジションとしては

 

・相手レシーバーのセンターに来た甘いボールをポーチに出て決めることが出来る。
・相手レシーバーのストレートボールに反応出来る。
・相手レシーバーのロブに反応出来る。

 

これらの条件を全て満たすような位置にいることが必要です。

 

 

2.レシーバー側のパートナー(前衛)

 

レシーバー側パートナーは、相手の前衛からポーチが来た時に反応出来る
最適なポジションを意識しましょう。

 

 

サーバー側のように前に詰めすぎたり、サイドに寄り過ぎたりすると、相手の
ポーチに反応出来なくなります。

 

 

サービスライン上で、且つセンター寄りが大体の位置になりますが
これも個人の身体能力によって、動ける範囲、相手のポーチに対して
反応できる範囲が違ってくると思うので、実際の練習で自分に合った
ポジションを見つけると良いでしょう。

 

 

ポーチはもともと決めるショットなので、反応して失敗しても委縮せず
どんどん反応してきましよう。レシーバー側は不利な立場なので、自分が
流れを変えてやる!という心構えが大切です。

ダブルスの試合での必勝法をお知らせします!



実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

ポジション関連ページ

フォーメーション
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
ペア
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。