ショットおさらい

バックハンド

バックハンドが苦手だという方、結構いるんですよね。
もしくは苦手意識を持っている方。

 

 

フォアハンドのところでも少し書きましたが、フォアハンドに比べて
バックハンドはフォームが固定されてしまうので、フォームのブレが
少なく、基本をしっかり押さえておけばミスショットの確率はフォアハンドよりも
少ないのです。ここで簡単にポイントだけおさらいしましょう。

 

 

バックハンドには片手打ち両手打ちがあります。
どちらが良いかというのは難しく、個人の好み、能力
最初に習ったコーチの方針などでどちらで打っているかが
決まっているのではないでしょうか?

 

まずはそれぞれの長所、短所から

 

長所

 

片手打ち:
リーチが長いので、遠いボール、低いボールにも手が届き
守備範囲が広い。

 

両手打ち:
片手打ちよりも力が入りやすく、ボールに打ち負けない。
手首を痛めにくい。

 

短所

 

片手打ち:
両手打ちよりも力が弱いため、振り遅れると打ち負ける。
スピンボールが打ちにくい。

 

両手打ち:
守備範囲が狭いため、遠いボールや低いボールに
手が届きにくい。
スライスボールが打ちにくい。

 

などなど、他にもありますがこのくらいで・・。

 

片手打ちのポイント

 

準備を早くすることを意識しましょう。
つまり、テイクバックを早くすることです。
片手打ちは打点をかなり前に持ってくる必要があるので
準備を早めにしておかないと、振り遅れてしっかりした
ボールが打てません。つまり振り遅れです。

 

 

なので、片手打ちの方は、テイクバックを特に早めに行いましょう。
また、準備が早くてもテイクバック時の上半身のひねり不足では
力のあるボールは打てません。ちょっと大げさかもしれませんが
背中を見せて、ボールを肩越しに見るイメージで構えてみましょう。

 

 

また、フォロースイングでは、フォアハンドと違い、上半身の回転を少し抑え気味
しましょう。回転を抑えないとボールの軌道が安定せず、パワーも伝わりにくいです。
また、右利きであれば、左手も同じタイミングで水平に上げながら右手との
バランスを取りましょう。こうすることで、体が外に流れていくのを抑えることが
出来ます。

 

 

両手打ちのポイント

 

準備を早くすることを意識するのは片手打ちと同じです。
テイクバックは、両手打ちでも早くすることです。

 

両手打ちで意識してほしいこととしては、右利きの方の場合
右手がメインで左手を添えるというよりは、左手をメインにして
右手を添えていくような感覚を意識しましょう。

 

ここが片手打ちと両手打ちで大きく違うところです。

 

フォロースイングは左手でフォアを打つようなイメージで、テイクバックのひねりを
戻しながら前にラケットを振り出します。このとき、上半身が回って
肩越しにボールを見るよう意識してみてください。ラケットは肩に担ぐ感じでも
肩の上に振りぬく感じでもどちらでも構いません。気持ちよく打つことが大事です。

ダブルスの試合での必勝法をお知らせします!



実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

バックハンド関連ページ

フォアハンド
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
サーブ
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
ボレー
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
スマッシュ
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。