フォアハンド

フォアハンド

フォアハンドって、利き腕が比較的フリーな状態で打つショットで、おそらくテニスを
始めて最初に習うショットだと思いますし、バックハンドよりも好きなショットだと
言う人も多いと思います。

 

 

ところが、レベルが上がってくるにつれて、フォアハンドストロークで悩んでいる方
意外に多いのです。

 

 

これを読んでいるあなたも実はそうではないですか?

 

 

利き腕の自由度が高いために、一度フォームを崩してしまうと、修正が難しいのが
その理由です。

 

 

逆にバックハンドストロークはフォアハンドストロークに比べて
利き腕の自由度が低いため、フォームが固まってしまうと、大きく崩れることは
ありません。

 

ここで一度ポイントをおさらいしてみましょう。

 

 

まずはテイクバックです。

 

 

ラケットを引く時は、まっすぐ引くことを意識しましょう。テイクバックの際に
ラケットが上下にぶれてしまうと、安定したストロークを打つ事が出来ません。

 

また、テイクバックをすることによって相手に対して体を横に向けることが出来ます。
この動作が実はとても重要で、体が開いて正面を向いてしまっていると、ボールに
体重がうまく乗らないため、力のあるボールが打てません。

 

一流の選手となると別ですが・・・。

 

あと、体が開いていることで、インパクトが短くなってしまい、ストロークが
安定しにくくなってしまいます。

 

まずは、テイクバックで体を相手に対してしっかり横を向くこと!
これを意識しましょう。

 

 

次に打点です。

 

 

まず、打点は自分の体より前にしましょう。これは、前で打つ方が力が入り、ボールに
より大きな力を加えることが出来るからですね。あれ?と思った方は一度試してみましょう。
自分の体より横or後ろで打つ場合と、前で打つ場合の違いを比べると一目瞭然です。

 

ストロークが安定しないという人の中には、打点が安定しないという人も
多いのではないでしょうか?特にフォアハンドは、打点が安定しなくても
腕の力で何とか打ててしまうので気が付きにいところでもあります。

 

打点が安定していないなあと思った人は、一度意識してみたら如何でしょうか?

 

 

最後にフォロースルーです。

 

 

打った後の動作なので、これも特に意識していないと思った方!
そんなことはありません。むしろ、フォロースルーがストロークを決めている
言っても良いくらいです。

 

右利きの場合は、インパクトの後、左肩を早く開かないよう意識して、ラケットを
左肩の上の方に向かってスイングします。ラケットを水平にスイングしてしまったり
途中で止めてしまっている方は、意識してみましょう。

ダブルスの試合での必勝法をお知らせします!



実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

フォアハンド関連ページ

バックハンド
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
サーブ
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
ボレー
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
スマッシュ
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。