ショットおさらい

ボレー

ボレーは相手からのボールをノーバウンドで返球するショットです。(知ってますよね・・)
ボレーは、ネットに近い位置で打つことが多くなります。

 

 

そのため、テイクバックは小さくする必要があります。
テイクバックをストロークのように大きくした場合、打ち返されたボールに対して
次の動作が間に合いません。ボレーはネット近くで打つため
きわめて短時間での判断・動作が必要となります。

 

なので、相手が打つ瞬間にフォアで返すかバックで返すか判断し
小さく素早くテイクバックして準備します。

 

 

・フォアボレー

 

ストローク同様に、一番準備がしやすく、打ちやすいボレーだと思います。
右利きの場合、小さくテイクバックをすると同時に右足に体重を乗せて準備します。
小さくテイクバックをする際は、ラケットを引くというよりは右肩を引くことで、自然に
テイクバックも出来、右足に体重も乗ります。

 

 

左足を踏み出しながら、ラケットを打点よりも少し高めの位置から下方向を
イメージしてスイングします。

 

スイングといっても、ラケットを振るというよりはボールを運ぶイメージです。
この時の打点は自分より少し前で打つことを意識しましょう。自分の横や
後ろでは、ボールの威力に負けてしまい、コントロールが出来ません。

 

インパクトのあとは、ラケットをしっかり握り、向きを固定したまま前に
押し出します。押し出した後はしっかりラケットを止めましょう。

 

・バックボレー

 

小さくテイクバックをするところは、フォアボレーと同じです。ボレーは如何に早く
準備できるがポイントなので、とにかく小さくテイクバック!これを意識しましょう。

 

 

また、テイクバックの際は利き手だけで行わず、両手で引くことを意識しましょう。
小さくテイクバックとはいえ、体のひねりは大切です。両手で行うことで、適度な
体のひねりが得られます。

 

ボールが来たら、右利きの方は左手を離して、少し勢いをつけるような感じで
スイングします。丁度引いていた弓を離すようなイメージです。

 

インパクトのあとは、フォア同様にラケットをしっかり握り、向きを固定したまま
前に押し出します。

 

ここで注意することとしては、ボールに勢いをつけようとして
手首を返さないことです。バックなので、打ち負けてしまうというイメージから
つい手首を返してしまうケースが多いですが、これを行うと、ボールの軌道が
安定せずネットしてしまう、しっかりラケットに当たらないなどミスする可能性が
高いです。

 

それよりも、インパクトの瞬間にラケットをしっかり握って、前に押し出していけば
ボールは返るので、しっかり意識していきましょう。

ダブルスの試合での必勝法をお知らせします!



実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

ボレー関連ページ

フォアハンド
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
バックハンド
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
サーブ
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
スマッシュ
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。