ダブルスで勝つための戦術

リターンからの展開

シングルスのリターンの場合は、とにかく深く打つことを意識しています。

 

もちろん、試合を見てもわかる通り、深さだけではなく、左右に振ることも
意識してコースを変えて打っています。ただ、あくまで深く打つことが
重要という前提です。左右に振るのはスペースを作るためだというのは
言うまでもありません。

 

では、ダブルスではどうでしょうか?ダブルスでもシングルス同様に、とにかく深く
打つことを意識すればよいでしょうか?

 

答えは、"No!"です。
正確にはこれだけでは不足している、いつか相手にやられてしまうという事です。

 

どういうことでしょうか?

 

ダブルスの場合でも、同様にリターンは深くという考え方は正しいです。

 

ただ、ダブルスとシングルスで大きく違うところは、シングルスでは少しくらいボールが
浅くなっても、すぐには前に詰めてきたりはしません。シングルスで前に詰めるのは
もう決めるぞ!って時くらいなので、よほどネットプレーに自信があるプレーヤーで
ない限りはリスクを伴います。

 

ダブルスはどうでしょうか?

 

もう、おわかりですよね。

 

ダブルスでは、ボールが浅くなればすぐネットに詰めてきて平行陣を作ってきます。
平行陣を作られてしまうと深く打つという戦術が使えなくなります。
では、どうすれば良いでしょうか?

 

相手が詰めてきたら、相手の足元に沈めるボールが有効になってきます。
スピンやスライスで相手の足元を狙いましょう。

 

足元というと難しいと思われるかもしれませんが、"腰から下"であれば
少し気が楽になるのではないでしょうか?

 

腰から下にボールを集めれば、相手もそう簡単に決めのショットは打てません。

 

また、ショートクロスも効果的です。ただ、アウトには気をつけて無理のない範囲で
打ちましょう。

 

平行陣を崩すには、沈めるボールに加えて、ロブも非常に有効です。相手の頭上を
抜くことが出来れば、陣形が崩れます。さらにこちらが逆に平行陣を作るチャンスでも
あります。

 

これで一気に形勢逆転を狙いましょう!

ダブルスの試合での必勝法をお知らせします!



実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

リターンからの展開関連ページ

サーブからの展開
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
ボレーの使い分け
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
試合で勝つ方法
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。