ダブルスで勝つための戦術

サーブからの展開

シングルスのサーブの場合、ファーストサーブは自分の渾身のサーブ
(大体がスピード系のフラットサーブ)で打つことが多いです。これは攻めの
姿勢を相手に示して、警戒させることが狙いです。なので、入らなくても
相手には"わっ、こんなサーブがあるのか?"と思わせれば成功です。

 

 

ファーストで入らない場合、セカンドサーブは当然入れることを意識しなければ
ならないので、先ほどのフラット系のサーブではなく、スライスなどの回転を
意識したサーブで確実に入れるケースが多いです。

 

では、ダブルスではどうでしょうか?ダブルスでもシングルス同様に、ファースト
サーブはスピード系のフラットサーブが必要でしょうか?

 

答えは"No!"です。

 

なぜでしょうか?

 

答えは、ダブルスでは前衛にもう一人ペアがいるからです。

 

 

ここまで言えばもうおわかりかと思いますが、ダブルスでは、1stサーブは、コースを
意識した確実性の高いサーブを打つのが有効です。確実性の高いサーブを打つことで
その後のリターンに対しては、ペアが動いて決めてくれるからです。
シングルスのように、渾身のサーブは必要ありません。

 

さらに言うと、ペアの方と事前にサーブをどこに打つかを決めておくと、ペアの方も
ボールのコースを予想しやすく、決める確率がさらに上がります。

 

さらに、サーブのスピードを抑えることで、サービスダッシュをして相手より先に前に
出ることが出来、平行陣を作ることが出来ます。

 

平行陣を作ることで、相手のリターンコースを絞り込んで、プレッシャーをかける
ことが出来るので、ペアの決める確率が格段にアップします。

 

 

ダブルスのサーブは、シングルスのようにサービスエースを意識するというよりは
平行陣を作るためのアプローチという戦術的な意味合いの方が強いのです。

 

当然アプローチの後の戦術も考える必要があります。

ダブルスの試合での必勝法をお知らせします!



実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

サーブからの展開関連ページ

リターンからの展開
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
ボレーの使い分け
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
試合で勝つ方法
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。