ダブルスで勝つための戦術

試合で勝つ方法

ここまで、各ショットの戦術について書いてきましたが、最後に
試合に勝つ方法として、全体の流れの中で意識しておく戦術です。

 

これを意識しておくと試合の流れがぐっとこちらにやってきます。
一度試してみてください。

 

戦術1.
ダブルスはシングルスに比べてオープンスペースが少ないので、
相手の陣形を崩してオープンスペースを作って打ち込むのですが
一番スペースを作りやすいのがサーブです。

 

サーブを打つコースを事前に決めておけば、前衛のペアも
コースに合わせて動くことが出来ます。

 

ここで打つコースは相手の苦手なところになりますが、最初はどこか
わからないと思うので、まずはバックを狙って打てば、良いでしょう。
相手の苦手なところに打つと浮いた球(つまりチャンスボール)の来る
確率が高くなるので、すかさず前衛がポーチで決めます。

 

例えば、サイドにサーブを打つことで、相手がコートの外に出てしまうので
センターにオープンスペースが出来ます。そこを狙って決めるか、または
センターにサーブを打つことで、相手のサイドにオープンスペースを作って
決めることもできます。

 

サーブのコースについては常に意識していきましょう。

 

 

戦術2.
リターンに関しては、クロスに返すボールがメインになります。
そんなに早い球は必要ありません。相手に確実に返すことを意識しましょう。
むしろ遅くても足元に沈めるボールをの方が効果があります。

 

相手の腰から下へ沈めてさえいれば、そう簡単に決められることはありません。
そして浮いたボールを前衛が確実に決める。この攻め方はダブルスでは非常に
多いので、しっかりマスターしましょう。

 

逆に相手に沈められ、ポーチに出られてやられるパターンも出てくるので、どこかで
クロスだけでなくストレートショットを見せておくと、相手は"ストレートもケアしないと"
という意識から、ポーチに出にくくなります。このような見せ球も出しながら、うまく
コントロールしましょう。

 

戦術3.
サーブ&ボレーを使ってくる相手には1stボレーの後に、さらに前に詰めてくるタイプと
そのままステイするタイプがあります。

 

前に詰めてくるタイプには、ロブが有効です。一度ロブを見せておけば、相手はうかつに
前に出れなくなります。

 

ステイするタイプには、沈めるボールが有効です。沈めたボールで相手を前に動かして
ロブで頭の上を抜いていくのも有効です。沈めたボールというのは非常に嫌なものです。

 

 

戦術4.
できれば、ダブルスは相手ペアのどちらか一人に決めて狙っていきましょう。
どちらを狙うかは相手の実力を見たうえになりますが、もちろん弱い方です。
つまり、片方を狙うことで2対1の状態で試合を進めていきます。

 

相手にとってはプレッシャーがかかり、非常に厳しい状態となります。
ミスもしやすくなります。

 

 

勝つ方法を常に意識しながら、これらの戦術を実行することで
あなたの勝利はぐっと近づいてきます。頑張りましょう!!

ダブルスの試合での必勝法をお知らせします!



実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

試合で勝つ方法関連ページ

サーブからの展開
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
リターンからの展開
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
ボレーの使い分け
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。