ダブルスで勝つための戦術

ボレーの使い分け

シングルスのボレーの場合、サーブを打った後、サービスダッシュで前に出て
ボレーでポイントを取るサーブ&ボレーが一般的であるが、注意しないといけないのは
サーブもボレーもしっかりコースを狙えるレベルでないと、相手にあっさり
得点を与え、自滅してしまいます。なのでコントロールにかなりの自信がないと
難しいです。

 

では、ダブルスではどうでしょうか?ダブルスも同様に、コントロールにかなりの
自信がないとボレーは使えないのでしょうか?

 

もうわかりますよね。

 

答えは"No!"です。ダブルスはペアがいます。特に平行陣になった時は、ボレーが
ショットの中心になります。逆に言うと、ボレーを使わずしてダブルスの試合は成立
しません。

 

シングルスのボレーとダブルスのボレーはちょっと意味合いが違います。
シングルスのボレーは決めに行く際に打つショットですが、ダブルスのボレーは
つなぎがメインのショットです。

 

特に後衛は壁のように深く沈めるようなボレーを打ち続けて、相手のボールが
浮いてくるのを待ちます。

 

浮いた甘いボールが来たら、前衛はそのボールを見逃さず、すかさずポーチで
決めましょう。

 

ダブルスでは、後衛は"つなぎのボレー"、前衛は"決めのボレー"を意識することが
大事です。

 

後衛が"決めのボレー"を無理にやってしまうと、ネットしたり、相手に主導権を
渡してしまったりするので、お互いの役割をしっかりこなす。これが大事ですね。

 

ダブルスの試合での必勝法をお知らせします!



実は、テニスで勝つためには上手さは関係ありません!

ボレーの使い分け関連ページ

サーブからの展開
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
リターンからの展開
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。
試合で勝つ方法
テニスは個人の技術が大事ですが、特にダブルスはシングルスと違い、個人の技術だけでなく、相手との連携、つまり戦術が大事になってきます。ここでは、ダブルスの重要性を紹介していきます。